船橋彰友会

お知らせ

2019.06.03        船橋彰友会のページを開設しました。

船橋彰友会とは

船橋彰友会とは、財務省納税表彰規定による受彰者が納税道義の高揚を図ることを目的とし、昭和58年11月14日に発足いたしました。
船橋税務署長表彰受賞者を対象に、税務行政の円滑な運営と地域社会の健全な発展に向けて、税務協力団体相互の協調関係の推進を目的とする団体です。

ごあいさつ

船橋彰友会会長の金子研一でございます。
船橋彰友会は船橋税務署長表彰を受賞された方を対象に入会していただいております。
現在会員数は86名となり、年に数回会員が一堂に会して、講演会などを開催し、会員様同士の交流を深めていただきつつ、税知識をよく吸収していただく場を設けております。
また毎年ふなばし市民大学校とタイアップをし、税務署の方や税理士の方を講師として税に関する講座を開いており、大変好評をいただいております。
昨年(平成30年)は贈与税についてや明治時代の税制についてクイズ形式でお話しをいただきとても盛り上がりました。
今後も会員様との親睦をより深めていき、また船橋税務協力8団体の各団体とともに税務行政がより円滑に運営されるよう努めて参る所存でございます。

船橋税務協力8団体とは

船橋税務署管内の関係民間団体及び協力団体相互の連絡・協調を図ることにより、各団体の機能向上を促し、もって円滑なる税務行政に寄与することを目的として設立された団体です。

役員名簿

船橋彰友会 会長 金子 研ー
副会長 丸子 貞良
梅澤 和夫
田中 保生
関根 金―郎
土屋 ー彦
飯ケ谷 岐美夫
理事 小田原 隆泰
石川 進
山田 聡
監事 林 敬
南 昌克
顧問 長野 泰二
平田 俊光
金子 三智子
相談役 鈴木 恭浩

船橋彰友会規約

第 1 章  総     則
第 1 条 本会は、船橋彰友会と称する。
第 2 条 本会の事務所は、公益社団法人船橋法人会の事務局に置く。
第 3 条 本会は、会員相互の親睦を図り、納税道義の高揚と円滑な税務行政の推進に貢献することを目的とする。
第 4 条 前項の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)
会員相互の連携
(2)
税務行政の向上及び周知徹底を図るための研修会・研究会等の開催
(3)
船橋税務署との連絡協調
(4)
その他本会の目的を達成するために必要な事項

第 2 章   会     員
第 5 条 本会の会員は、船橋税務署管内に住所又は事業所を有し、財務省納税表彰規定により表彰を受けた者とし、所定の申込手続により入会することができる。
千葉県税理士会船橋支部の支部長経験者は、特別会員となることができる。
本会を退会しようとする者は、所定の退会手続により、退会することができる。

第 3 章  役     員
第 6 条 本会に、次の役員を置く。
会長 1名 副会長 若干名 理事 若干名
監事 2名
理事のうち2名は会計を担当する。
第 7 条 理事及び監事は、総会において会員のうちから選任する。
会長、副会長及び監事は、理事の互選により選任する。
会計担当理事は、会長が指名する。
役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
役員は、後任者が就任するまでその職務を行う。
役員に欠員を生じたときは、次回の総会において選任する。
第 8 条 会長は本会を代表し、会務を総理する。
副会長は会長を補佐し、会長に自己あるときはその職務を代行する。
理事は、会の重要議事を審議する。
会計担当理事は、会計事務を処理する。
第 9 条 監事は、会務及び会計を監査する。

第 4 章     顧問及び相談役
第 10 条 本会には、顧問及び相談役を置くことができる。
顧問は、本会の運営に尽力され総会において推薦を受けた者とする。
相談役は、千葉県税理士会船橋支部長とする。

第 5 章  総     会
第 11 条 総会は、定時総会及び臨時総会とし、会長が招集する。
第 12 条 定時総会は、年1回とし、臨時総会は会長が必要と認めたときに招集する。
定時総会は毎事業年度終了後3ケ月以内に開催し、事業報告書・決算報告書・事業計画書・収支予算書の承認、役員選任の決議及びその他会長が必要と認めた事項を決議する。
第 13 条 総会は、会員の2分の1以上の出席(委任状を含む)により成立する。
総会の議決は、出席者の過半数で決する。
第 14 条 総会の議長は、会長がこれにあたる。

第 6 章  役  員  会
第 15 条 役員会は、会長が必要と認めた時に招集し、会長が議長となる。
第 16 条 役員会は、会長、副会長及び理事によって組織する。
監事、顧問及び相談役は役員会に出席し、意見を述べることができる。
第 17 条 役員会の成立及び議決は、第13条の規定を準用する。

第 7 章  会     計
第 18 条 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
第 19 条 本会の経費は、会費、寄付金等をもってあてる。
第 20 条 本会の入会金は、20,000円とする。
本会の会費は、年10,000円とする。

第 8 章  雑     則
第 21 条 この規約に定めなき事項は、役員会の議決による。

附則
この規約は、昭和58年11月14日から施行する。
この規約は、平成 9年11月26日から施行する。
この規約は、平成11年12月 1日から施行する。
この規約は、平成13年12月17日から施行する。
この規約は、平成14年12月18日から施行する。
平成14年度に限り、会計年度を平成14年11月1日から平成15年3月31日まで とし、年会費10,000円を5,000円とする。
この規約は、平成25年6月13日から施行する。
この規約の改正は、平成26年6月12日から施行する。
この規約の改正は、平成27年6月22日から施行する。